これさえ覚えればホームページが作れる!

HTMLさえ書ければホームページを作れる

ホームページを作る上で最低限必要な知識にはどのようなものがあるでしょうか。まず、ホームページとは基本的に、複数のファイルが組み合わさっているものです。ベースとなるのはHTMLファイルと呼ばれるもので、HTMLというマークアップ言語で、ブラウザのどの部分にどのような文字、画像などを表示するのかといった命令が書かれています。設計図のようなものといえるでしょう。デザインを決めるのがCSSファイルと呼ばれるもので、HTMLに書かれている文字をどれぐらいの大きさで、どういう風に表示するのかという設定を行うことができます。
これらのファイルと一緒に、実際にホームページ上で表示する画像が必要になってきますが、画像を含めず、ただ文字を表示できればいいというのであればHTMLのみでも作れます。

レンタルブログを使えば一切の知識が不要になる

ただ、最近はHTMLを一から書いてホームページを作成する人は減っています。なぜかというと、レンタルブログサービスがたくさんあり、綺麗なデザインのサイトを簡単に公開できるからです。
ブログは、投稿フォームに文章を入力するだけでインターネット上に公開できるという仕組みになっていて、デザインも好きなものを選んでクリックするだけで反映されます。なので、HTMLとCSSの知識が一切不要なのです。レンタルブログはページ上のどこかに広告が表示されますが、その代わり、利用料金はかかりません。なので、今すぐにでもお金をかけずにホームページを作って公開したいという人は、レンタルブログサービスに登録するといいでしょう。

ホームページ制作の実績は、とてもポイントが高く、注目するところでもあります。実績の豊富なところで安心できます。